simple minimal

楽に続けるミニマリスト主婦ライフをお届けします。

誰でも簡単にミニマリスト生活を始められる5つの方法

こんにちは。ミニマリストを心掛ける主婦のRinです。

 

本日はミニマリスト生活の始め方についてお話しようと思います。

かつてマキシマリストであった私は、自分の物の多い生活に悩んでいました。

そこで片付けや捨て活の動画を見ていて、ミニマリストという生活様式に出会うことができました。

けれど

 

何から始めればよいのかわからない!

 

いきなり物を捨てるなんてできない!

 

ミニマリストってどこまで物を減らしたらいいの!?

 

となり、そもそもミニマリストになるにはどうしたら良いのかを勉強するところからのスタートとなりました。

 

かつての私のように

 

ミニマリスト生活を始めてみたいけれど、難しそう。

 

あまり派手に捨てたりしたくないけれど、ミニマリストに興味がある。

 

そんな悩んでいる方に少しでも参考になるよう、ブログやYouTubeなどで学んだ知識を自分なりにアレンジしてまとめてみました。よろしければご覧ください。

 

↓ミニマリストについては前回の記事で纏めています。

 

minimaru-rin.hatenablog.com

○いますぐはじめられる。簡単ミニマリスト生活。

 

気負うことなく簡単にミニマリスト生活を始められる方法を簡単に5つに纏めました。

ずばり、

 

①なりたいミニマリスト像を想像してみる

②自分の興味の薄いところから捨て始めてみる

③捨てるのではなく避ける

➃自分のテーマカラーを決める

⑤ストックは一個までにする

 

はい、これだけです。

あれを捨てろ、これを捨てろと強制するつもりはありません。

この5つのポイントを守れれば、簡単にミニマリスト生活をスタートすることができますよ。

それではそれぞれの方法について詳しくお話します。

 

①なりたいミニマリスト像を想像してみる

 

まずは自分がどんなミニマリストになりたいか、どんな部屋に住みたいか、どんな生活をしたいかを想像してみましょう。

YouTubeやブログなどを見て自分の理想のミニマリストさんを探してみるのも良いです。

具体的に自分のなりたいイメージが固まってくると、捨て活の時に

 

「私はこういうミニマリストになりたい!だからこれは必要ない!」

 

という信念のもと、物を手放しやすくなります。

 

②自分の興味の薄いところから捨て始めてみる

 

自分にとって興味があまりない場所から取捨選択を始めてみましょう。

自分にとって大切でない、興味のない物は一番捨てる選択肢を選びやすいところです。

例えば、普段キッチンに立つことが少ない方はキッチンの物を見直すところから。

普段料理をしない場合、使っていないキッチングッズや賞味期限の切れた食べ物などから捨ててみると、捨てやすいかもしれません。

自分の興味が強い物、趣味の物などは手を出すのは後回しにするのをおススメします。

 

③捨てるのではなく避ける

 

捨てるかどうか迷ってしまうものがあれば、一時的に避けておく場所を作ります。

段ボールなどにまとめておいてもかまいません。

捨てようか迷うものはとりあえず自分の生活圏から離してみます。

一週間、一ヵ月など期限を決めて、使うことがない生活を過ごしてみます。

期間中に一度も使うことが無い、使わないと不便という事が無かったなら、捨てても大丈夫です。

 

 

➃自分のテーマカラーを決める

 

自分の部屋や持ち物のテーマカラーを決めてみましょう。

私の場合は白・黒・グレーなどのモノトーンカラーをテーマとしています。

例えばすごく気に入ったポーチがあったとしても、色展開にモノトーンカラーが無ければ買うのを諦めます。これによって出費がかなり抑えられるようになりました。

また、部屋に置いてある物のカラーを統一すると同じ量の物を置いていても感じる雰囲気が全く変わります。

 

⑤ストックは一個までにする

 

洗剤や化粧品、調味料など家にあるストックは、本体1個とストック1個のみにします。

もし今ストックが溢れていたら、まとめ買いセールだとしても、新商品だとしても、新しく買うのはNGです。

ストックを消費し続けて一個になるまではけして新しい物を買ってはいけません。

もし今使っている物に不満があるなら、もったいないなんて言わずに本体もストックも全て捨ててから新しい物を買いましょう。

 

minimaru-rin.hatenablog.com

○捨てるという選択肢ができない理由

 

以上の事を守ってみても、物を捨てられない。という方も多いと思います。

何故捨てられないのでしょう?

どうしても物が捨てられない方の為にミニマリスト流の考え方を3つに纏めてみました。

 

①捨てるのは怖くない

 

さて、皆さんの中で、捨てる=怖いと思っていらっしゃる方はおられるでしょうか?


捨てるのを怖がる心理の中で一番強いのは

 

捨てたら後悔するかも

 

です。

 

捨てたものは一生戻ってこない。もし捨てて後悔しても遅い。

 

という心理です。

 

これは実際に物を捨ててみた方がわかりやすいのですが、

捨てて後悔することはほとんど無い、ということです。

 

私もつい最近もう使わなそうなタッパーを捨ててしばらくたった後、

 

あー、これを入れるのにあのタッパーを残しておけば良かった!

 

と思ったことはあります。

しかし、捨てたタッパーを同じものは二度と手に入らないかもしれませんが、別のちょうどよい大きさとデザインのタッパーを100円ショップなどで買うことはできます。

相当気に入っているものなら、そもそも絶対に手放したりはしません。

一度手放せたということは、そんなに必要がないと思っても良いでしょう。

 

思い出の物など、買い戻すことが物はどうしても手放すのを躊躇してしまいますが、試しに一度手放してみるとそんなにショックを受けないな、と実感できます。

 

 

○なぜ捨てたくないのか、を考える

 

これ、捨てたくないんだよな~。と思うものは、何故捨てたくないのかを考えてみましょう。

 

・買った時高かったから捨てたくない

・使ってないけど新品同様だから捨てたくない

・使いづらいけど見た目が可愛いから捨てたくない

・今は思いつかないけど他に使い道があるかもしれないから捨てたくない

・趣味に合っていないけど知人に貰ったものだから捨てたくない

・奥の方にしまい込んで○年間忘れていたけど捨てたくない

 

もし上記のどれかに捨てられない理由があてはまってしまった場合。

 

それは捨てても良いものです!

 

使っていない期間があり、それで不便だな、と思わない物は捨ててしまってもほとんど後悔しません。

どうしても勿体無い、使いたい、という物があれば、見つけた時から数日のうちに使いましょう。そうでなければ処分しても良いと思います。

 

○常識に縛られない

 

家には○○があるのは当たり前。という常識に流されないようにしましょう。

私はミニマリストになってからリビングのラグとキッチンマット、トイレマットを手放しました。

以前は家ならラグがあって当然!キッチンやトイレにはマットを敷くもの、という固定概念がありました。

しかし先輩ミニマリストさんたちの発信を見ていて、常識という言葉に捕らわれていることに気付きました。

実際床に敷くものが何もなくても不便はありませんし、むしろ何かをこぼしたりした時にはフローリングの方が簡単に拭き掃除ができて楽ですし、掃除機もかけやすいです。

自分が必要だから敷いているのではなく、一般的には敷くものだから、という考えでした。

 

minimaru-rin.hatenablog.com

○まとめ

 

いかがでしたか?

ミニマリスト生活は全ての物を捨てて、カバン一つで生きていく!というようなストイックなイメージがあるかもしれませんが、そこまでできる人は少ないです。

料理ができる人はたくさんいますが、その中でトップシェフになれる人ほんの一握りですよね?それと同じくらいの事です。

もし今すぐミニマリスト生活を試してみたい!という方がいらっしゃったら、先ほどの5つのポイントを参考にしてみてくださいね。

最期までご覧くださりありがとうございました。